新規登録
インフォメーション
コーチ
はやさと正確性
 野球の試合中は様々な状況判断を繰り返しています。試合では時間的余裕がほとんどありません。したがって、のんびりと判断をすることはできません。状況を判断して意思決定を瞬時のうちにおこなう必要があります。刻々と変化する環境条件を正しく把握し、「素早く」反応する能力が必要となるのです。

 身体を動かす際は非常に多くの選択肢から選ばなければいけません。例えば、ボールをどこに投げるか、どこに走るかなどなどです。複数の選択肢の中から、その時々の環境条件に合致する最も適切な競技行為を選択できることがオープンスキルで熟練するために必要となります。多くの選択肢の中から「正しく」選択しなければいけません。すなわち、正確性が重要だといえます。

 野球で選手は外界から様々な情報の入力を受け、その情報およびこれまでの経験に基づいて判断をおこない、動作の実行をおこなっています。野球では視覚情報を適切に入手し、その場の状況に合わせて正しく判断し、素早く反応することが求められます。

 これまではいかに素早いスイングをするか、いかに速いボールを投げるかというように(3)の動くステップ中でも「強さ」に注目されていましたが、(1)の見るステップや(2)の考えるステップあるいは(3)の動くステップ中でも素早さや正確さにも注目すべきだといえます。

ページトップへ