新規登録
インフォメーション
コーチ
ダッシュの減速局面における必要な能力とは?

速く走るために必要な能力

さまざまなバリエーションと局面をもつ野球のダッシュで必要となる身体的能力とは何でしょうか?局面ごとに確認していきましょう。

3.減速局面
(1)重心を下げる
 走塁でベースを踏んで回る時や停止する直前には減速が必要です。また守備でボールに追い付いてキャッチする時にも減速が必要となることがあります。この局面で重要なことは、減速の度合いに応じて重心を低くしなければならないということです。セカンドベースから一気にサードベースを走り抜けてホームに向かう場合のようにできるだけ減速しないコース取りで走る時はそれほど意識する必要はありませんが、急激な減速が必要な時は股関節と膝関節を深く曲げてしっかりと重心を下げる必要があります。
 重心を下げることによりバランスを崩さず素早く減速することができ、停止や再加速の局面にもスムーズに移行することができます。

(2)エクセントリック筋活動
 すばやく減速するためには、ただ力を抜くのではなく、それまでの進行方向に対して反対向きの力を地面に加える必要があります。同じ方向に進みながらブレーキをかけるように反対方向に力を加えて行きます。この場合の筋力の発揮の仕方を「エクセントリック筋活動」といいます。筋肉は身体を動かすのではなく、すでに動いている身体を止めるための働きをします。
 この場合も、移動する方向や次にどのような動作をするかによって様々な筋肉が使われます。


[←前へ] [→次へ]


ページトップへ