新規登録
インフォメーション
コーチ
野球の盗塁時、リードの姿勢から右股関節の外旋で重心を移動し、左脚で地面を蹴らずスタートが出来ますでしょうか?また、理想的なスタート法を重心の移動をふまえた上で教えて下さい。
武術関係の情報からかなにか取り入れられたのでしょうか。

ご質問にある方法は、重心がかかっている方の脚の脱力からの、重心落下を利用する方法のことですね。この方法で行えば、予備緊張がなく、相手に気配を察知されることなく動き出しが可能です。通常は後足の方で地面を蹴ってスタートを切るわけですが、地面を蹴る動作の前には、必ず予備動作が必要になります。例えば重心を後足にかけていれば、筋肉はすでに緊張しているわけですから、いったん緊張を解き、その後に再度筋肉を緊張させてスタートを切るわけです。この動作をどんなに早く行おうとも、動き出しまでには必ず、緊張を抜く、緊張を入れる、という二つの動作が必要となります。

一方、前足の脱力作用により、重心を落下させ、スタートを切る方法には一つの動作しか発生しません。つまり、動作が一つ省けることにより、動き出しが速くなるわけです。

しかし、この動作は、通常の筋肉の反応とは異なった反応のさせ方をしなければならないし、使用する筋肉も、腿の前面から、腿の後面の筋肉へと移行させなければなりませんので、かなりの時間と意識の集中を要する訓練が必要となります。また、この方法を正確に理解できている人のもとで、訓練をつまないと修得は難しいかも知れません。

盗塁の場合は、動き出しで投手に察知されない事が重要ではなく、以下に早く次塁へと到達することですので、動き出しの動作に目を向けることは非常に大切なのですが、走力そのものを向上させることにも目を向けることも大切でしょう。もっとも簡単に効果を上げるやり方は、腿を上げることよりも、腿を下ろすことに意識を切り替えて走る練習を行ってみてください。また、足を後方へできるだけ流さないことにも気を配ってみてください。

そのためのドリルとして、足の踵をお尻の下へつける腿上げドリルを進めます。背中にぴったりとガラスの板がくっついてるのをイメージしながら、そのガラスに足が触れないようにして、腿上げを行います。もちろん腿を上げることよりも、下へ落とすことへ意識を集中して行います。

重心と言う見方をするならば、左右の股関節でしっかりと地面を捉え、足から股関節までが同時に加速するタイミングを掴むことの方がトライしやすいかも知れません。


ページトップへ