新規登録
ニュース詳細
「矢野経済研究所」18年のスポーツアパレル市場、汎用性の高いウエアが牽引

2019/02/03

矢野経済研究所は、国内スポーツアパレル市場の調査を発表した。2018年のスポーツアパレル国内市場規模はメーカー国内出荷金額ベースで、前年比103.7%の5,554億2,000万円の見込み。野球・ソフトボールウエア、テニスウエア、バスケットボールウエアが前年割れとなったものの、その他のカテゴリーにおいては前年を上回る見込み。特にライフスタイルウエアやアウトドアウエアは前年比2桁を超える高い伸びを見せている。
ページトップへ